アクセサリー

ハンドメイド タッセルの作り方

私はよくタッセルを使ったアクセサリーを作っています。

そこで今回はタッセルの作り方をご紹介していきたいと思います♪

こんな方におすすめ

  • タッセルの作り方を知りたい
  • タッセルを手作りしてコストを抑えたい
  • 個性的なタッセルを作りたい

 

 

本記事の内容

  • タッセルの作り方
    • まずは材料を揃える
    • 糸やデザインを決める
    • 手順に沿って作成する

 

ハンドメイド タッセルの作り方

材料

まずは、タッセルを作る際の材料について。

 

用意するもの

  • 糸(刺繍糸など)
  • くし(コーム)
  • 丸カン
  • カード(ポイントカード等)
  • 透明マニュキア
  • ヤットコ
  • はさみ
  • お水

 

糸の種類

メモ

◆シルク糸

  • 艶がありさらさらと滑らかな手触りです
  • 高級感を出したいときに使うとよいです

レーヨン糸

  • 光沢があり、滑りがある手触りです
  • 存在感を出したいときに
  • くしを通すと少しほつれやすい

ナイロン糸

  • さらっとした手触りで糸が細かい
  • 繊細な仕上がりにしたいとき

ポリエステル糸

  • 質感はメーカーにより様々
  • 色が豊富にあります

レース糸(コットン)

  • 太めのレース糸。1本1本の存在感がある
  • ナチュラルな雰囲気を出したいとき

刺繍糸

  • 程よいツヤがあり色も豊富
  • メーカーにより質感は様々
  • 6本の糸が1本になっているのでくしでバラしても使える

 

作り方

カードに糸を巻く

ポイントカード等に糸を巻いていきます。(ここは刺繍糸で行っていきます)

おおよそ15回~20回ほど巻いていきます。(好みのボリュームによって調整してください)

刺繍糸は1本に6本あるのでこのくらいでよいですが、ほかの糸の場合は100回ほど巻くと良い感じのボリュームがでます。

カンを通す

カードに巻いた糸を取り、丸カンを通していきます。ここでは7mmのカンを使っています。

また、12~15cmほどの糸(緑糸)を別途用意します。

タッセルに別の糸をつけてわっかを作る

ここではわかりやすく、緑の糸を使用していますが、同じ色でもOKです。

15cm~20cmほどの糸を用意し、タッセルの上に わっかを作ります。

糸を巻き、わっかに通す

別に用意した糸(緑色)をわっかにした状態でぐるぐるとタッセルの上に8回~10回ほど巻き上のわっかに糸を通します。

下の糸を引っ張る

緑の色の糸の下の部分を引っ張ります。(すると糸が締まります)

結び目にマニュキアを塗る

ぎゅっと結んだら、結び目のところに透明なマニュキアを塗ります。

マニュキアがない場合は接着剤でもOK(少しの量で大丈夫です)

水で先っぽを濡らす

用意した水にタッセルの先を濡らします。(この工程はなくても問題ないですが、行うとより綺麗な仕上がりになります)

コームで糸を解き、はさみで先をカットする

コームで糸を溶かし、まっすぐにします。

お好みの長さにはさみで先をカットします。

余分な糸をカットしてできあがり

上に出ていた余分な糸をカットしてできあがりです。

ちなみに別糸の部分を同じ色で行うとこんな風になります。

あとはカンの部分に好きなパーツをつけてアクセサリーをつくりましょう♪

作品はこちらからご購入いただけます

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ぬーこ

約15年ほどのサラリーマン生活を経てハンドメイドでフリーランスを目指す。アクセサリー作成を中心に活動。“好きを仕事にする”在宅ワークを目指す方を応援。

-アクセサリー

Copyright© jolie collag/ジョリーコラージュ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.